特定非営利法人 NPO次世代リフォーム協会

次世代リフォーム協会ホームページへようこそ!

0000053709.png

HOME ≫ 補助事業概要 ≫

補助事業概要

スマートウェルネス住宅等推進モデル事業の推進


国土交通省スマートウェルネス住宅等推進モデル事業とは?
この事業は、国土交通省の補助事業で、高齢者・障がい者・子育て世帯等に対して居住
の安定確保及び健康維持を目的とし、国がその費用の一部を補助する事業です。
内容については、住宅関係者が医療や福祉関係者等との連携により、既存住宅の改修
工事及び改修工事前後の居住者の健康状況の変化等に関する調査を行い、高齢者等
の健康の維持・増進に資する住宅の普及を図るための事業です。
 

《 住宅補修の補助額 》
 

省エネ改修工事に対象事業費の補助率1/2で補助限度額100万円/戸が支給されます。
併せてバリアフリー改修工事を行う場合は対象事業費の補助率1/2最大120万円/戸が支給されます。
※但し一定の省エネ工事は必須となります。

《 住宅の対象となる地域 》
 

東南村山 ■西村山 ■北村山 ■その他の地域
山形市・天童市
上山市・山辺町・中山町
寒河江市・河北町
大江町・西川町・朝日町
 東根市・尾花沢市
 村山市・大石田町
 新庄市・南陽市
 長井市・舟形町・白鷹町


《 補助の対象となる世帯 》

高齢者、障がい者、子育て世帯等の
1)日常生活に必要な住空間における、一定基準以上の
  省エネルギー性能とする改修工事を行える方

2)住生活空間の省エネルギー化による居住者の健康状況の
  変化等に関する調査事業に連携、協力が出来る方


 

《 補助の対象となる工事 》
 

1.一定の基準の省エネルギー改修工事(省エネルギー対策A基準以上) 必須
2.バリアフリー改修工事
 ・手すり工事
 ・段差解消工事
 ・廊下幅等の拡張工事

 

 

《 補助募集期間 》

平成26年度 平成26年11月 ~ 平成27年 1月10日 (平成27年2月上旬工事完了)終了しました。
平成27年度前期 平成26年11月 ~ 平成27年 3月15日 (平成27年4月上旬工事着工)終了しました。
平成27年度後期 平成27年11月 ~ 平成28年 1月10日 (平成28年2月上旬工事完了)終了しました。
平成28年度 ~ 平成29年 1月20日  
※補助金がなくなり次第終了となりますのでお早めに申し込みください。

健康状況の調査項目の概要

測定機器の内訳(調査機関よりレンタル)
①温湿度(居間・寝室・脱衣所)
②家庭血圧(就寝前・起床時)
③身体活動量(歩数・EX量・消費カロリー)
④居住者のアンケート調査

※対象世帯の承諾を得られた方(最大2名)で
平成27年度冬に改修前調査と平成28年度冬に
改修後調査を行う。(必須)
※謝礼金5,000円が国交省より支給されます。

住宅改修事業者名一覧

会社名 電話番号 住所
《山形市》
株式会社創研 023-634-2000 〒990-2493
山形県山形市美畑町13番14号
有限会社アイタ材木店 023-643-8201 〒990-2474
山形県山形市大字沼木578番地の6
佐藤製線販売株式会社 023-623-4210 〒990-2323
山形県山形市桜田東4丁目5-20
《山辺町》
有限会社 森谷工務店 023-665-7117 〒990-0322
山形県東村山郡山辺町大字要害350番地
株式会社 熊谷工務店 023-664-6040 〒990-0301
山形県東村山郡山辺町大字山辺2982番地1
《尾花沢市》
有限会社 エヌエス・商会 0237-22-1043 〒999-4229
山形県尾花沢市横町二丁目2-35
※特に希望する事業者がない場合は別途ご相談ください。

パンフレットダウンロード

0000068653.jpg
上記の内容をまとめたパンフレットがPDFファイルにて閲覧、ダウンロードが可能です。是非ご覧ください。

   パンフレット

 スマートウェルネスの各担当役割

国交省選定の採択事業者(次世代リフォーム協会)が医療や福祉関係者と住宅改修事業者と連携し省エネ工事・バリアフリー工事を行う。また住宅改修をされる世帯の方で改修工事前後の健康状況の変化に関する調査を行い、国交省に報告しなければならない。

サービスメニュー

モバイルサイト

特定非営利法人次世代リフォーム協会スマホサイトQRコード

特定非営利法人次世代リフォーム協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!